聴覚障害者のコミュニケーション、社会参加を助けるための手話入門、手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者通訳介助者などの、各種養成講座があります。
詳細は聴覚障害者センターまでお気軽にお問い合わせください。また、各種講座の案内は、お知らせメールマガジンでも告知いたします。

手話関連の講座

手話通訳者 養成講座Ⅰ 夜コース (草津市内開催)

手話を用いて、聴覚障害者等のコミュニケーションの円滑化を支援するため、身体障害者福祉の概要や手話通訳の役割・責務等について理解ができ、手話通訳に必要な手話語彙、手話表現技術及び基本技術を習得した手話通訳者を養成します。
2019年度の「手話通訳I」と2020年度の「手話通訳II・III」の2年間で手話通訳に必要な知識や技術を学びます。

【申込期間】※申込みは締め切りました。

カリキュラム募集要領・要項

2019年度手話通訳士養成講座を開催します。

 社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが実施する手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)を受験しようとする者に対し、手話通訳士資格取得に必要な手話通訳技術の習得を図り、試験合格を目指します。

【申込期間】※申込みは締め切りました。

カリキュラム募集要領・要項

手話通訳者 養成講座Ⅰ 昼コース (彦根市内開催)

手話を用いて、聴覚障害者等のコミュニケーションの円滑化を支援するため、身体障害者福祉の概要や手話通訳の役割・責務等について理解ができ、手話通訳に必要な手話語彙、手話表現技術及び基本技術を習得した手話通訳者を養成します。
2019年度の「手話通訳I」と2020年度の「手話通訳II・III」の2年間で手話通訳に必要な知識や技術を学びます。

【申込期間】※申込みは締め切りました。

カリキュラム募集要領・要項

手話通訳者 養成講座Ⅱ・Ⅲ 昼コース (草津市内開催)

 手話を用いて、聴覚障害者等のコミュニケーションの円滑化を支援するため、身体障害者福祉の概要や手話通訳の役割・責務等について理解ができ、手話通訳に必要な手話語彙、手話表現技術及び基本技術を習得した手話通訳者を養成します。
 「手話通訳I」と「手話通訳II・III」の2年間で手話通訳に必要な知識や技術を学び、手話通訳者全国統一試験合格を目指します。

【申込期間】申込みは締め切りました。

カリキュラム募集要領・要項

手話通訳者 養成講座Ⅱ・Ⅲ 夜コース (東近江市内開催)

 手話を用いて、聴覚障害者等のコミュニケーションの円滑化を支援するため、身体障害者福祉の概要や手話通訳の役割・責務等について理解ができ、手話通訳に必要な手話語彙、手話表現技術及び基本技術を習得した手話通訳者を養成します。
 「手話通訳I」と「手話通訳II・III」の2年間で手話通訳に必要な知識や技術を学び、手話通訳者全国統一試験合格を目指します。

【申込期間】申込みは締め切りました。

カリキュラム募集要領・要項

要約筆記関連の講座

2019年度要約筆記者養成講座(パソコンコース)<前期>

 要約筆記の技術を習得し、聴覚障害者の社会参加を支援する要約筆記者を養成します。
 要約筆記者となるために必要な聴覚障害についての知識や、その場の話を要約して伝える技術などを習得します。

 

【申込期間】2019年6月3日(月)から8月16日(金)  ※当日消印有効

カリキュラム募集要領・要項

その他の講座

盲ろう者通訳・介助者 養成講座(NPO法人しが盲ろう者友の会)

盲ろう者(視覚・聴覚両方に障害がある人)に対するコミュニケーション手段と移動介助の知識と技術の習得を行う事により、盲ろう者通訳・介助者を養成し、盲ろう者福祉の増進を図ることを目的としています。

(問い合わせは NPO法人しが盲ろう者友の会へ)

【申込期間】平成30年 6月1日(金)~ 9月13日(木) (当日消印有効)

募集要領・要項

当センターのご利用、見学、各種研修についてはお気軽にお問い合わせください。

滋賀県立聴覚障害者センターへのお問い合わせ

聴覚障害者情報提供施設 | 滋賀県立聴覚障害者センター 電話番号 聴覚障害者情報提供施設 | 滋賀県立聴覚障害者センター FAX番号

聴覚障害者情報提供施設 | 滋賀県立聴覚障害者センター メールでのお問合せメールでのお問い合わせ

お問い合わせへの対応はご利用時間内に限ります。

ご利用時間

月曜日~土曜日 9:30から18:00まで

(ビデオライブラリーの受付は19:00まで)

※ただし、水・土曜日のビデオライブラリーは18:00まで

休所日

日曜日 、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

その他特別に県が認めた日